東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

5月29日のニュース

5号機 ポンプ復旧し温度下がる

東京電力福島第一原子力発電所で、原子炉が冷温停止している5号機で、28日夜、原子炉などを冷やすための海水ポンプが停止しているのが見つかりましたが、29日昼すぎまでに復旧作業が終わり、一時上昇した原子炉の温度も下がっています。
停止していたのは原子炉や使用済み燃料プールを冷やす冷却装置に海水を送り込むためのポンプで、28日午後9時ごろ、施設を巡回していた職員が見つけたということです。
このため5号機では、28日夜から原子炉や燃料プールの中の水の温度が徐々に上がり、原子炉の水の温度は28日午後9時に68度だったのが、28日正午には93.7度に、燃料プールでも41度から46度に上昇したということです。
東京電力は、29日午前8時から予備のポンプに交換する作業を行い、午後0時50分ごろには冷却機能が復旧したということです。
この結果、冷却機能が復旧する時点で94.8度まで上がっていた原子炉の水の温度は、午後2時には76.5度まで下がったほか、燃料プールの温度も安定しているということです。
東京電力によりますと、海水ポンプが停止したのはモーター部分が故障したためとみられ、原因を調べるとともに、原子炉やプールの温度の推移を監視しています。
停止した海水ポンプは原子炉の冷温停止を維持する冷却装置に欠かせない設備でしたが、東京電力は29日朝まで、復旧作業やトラブルの公表をしていませんでした。
これについて、東京電力の松本純一本部長代理は「予備のポンプがあったので、安全を考慮し、朝になってから作業をしようと考えた。国や福島県には28日夜のうちに報告していたが、公表ももっと早く行うべきで、今後は適切に対応したい」と話しています。

5月29日のニュース一覧