東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

5月17日のニュース

安全装置 津波来るまでは正常

東京電力は、福島第一原子力発電所の事故で3月11日の地震発生から津波で非常用の発電機が使えなくなるまでの間に取得された原子炉のデータを16日夜、公表しました。
データからは当時、運転していた1号機から3号機までいずれも地震直後にすべての制御棒が挿入され、非常用の発電機が起動するなど、津波が来るまでは安全装置が正常に機能していたとみられます。
東京電力によりますと、福島第一原発の運転を制御する「中央制御室」で装置に残っているデータを取り出すとともに、当時いた運転員に聞き取りを行うなどして原子炉や周辺の機器の状況を調べてきました。
その結果、当時、運転していた1号機から3号機までいずれも地震が発生した3月11日、午後2時46分の直後にすべての制御棒が挿入され、非常用の発電機が正常に起動したということです。
そして、緊急時に原子炉内で発生している蒸気を閉じ込めるためのすべての弁が閉じられたことが確認され、配管が破断するなどの兆候はみられないとしています。
その後、地震からおよそ45分後の午後3時半に津波が来て、非常用の発電機が使えなくなり、温度や圧力など原子炉のデータが取得できなくなったということです。
このうちメルトダウンが起きたとみられる1号機は、地震発生直後の午後2時52分に、原子炉を冷やす「非常用復水器」と呼ばれる装置が起動しました。
その後、午後3時ごろに「非常用復水器」はいったん停止しますが、午後6時すぎから翌12日午前2時前ごろまで再び動いていたとみられるということで、1号機では地震から半日ほどは原子炉の冷却が一時的に行われていたとみられます。

5月17日のニュース一覧