東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

4月6日のニュース

汚染水 ピットから流出止まる

  • 2号機

東京電力福島第一原子力発電所の2号機で、ピットと呼ばれる施設から続いていた、高濃度の放射性物質に汚染された水の流出は、6日朝、止まりました。
東京電力は、再び流出しないための対策をとるとともに、流出を止めたことにより、別の場所から新たに汚染水が漏れ出すおそれがあるとして、調査しています。
福島第一原発2号機では、極めて高い濃度のヨウ素131などを含む水がタービン建屋にたまっているのが見つかったほか、ピットと呼ばれる施設にできた亀裂から高濃度に汚染された水が海に流れ出しているのが見つかっていました。
東京電力は、ピットの周りにある石を詰めた層が汚染水のルートの1つとみて、5日から6日にかけて、地上から穴を掘って水ガラスと呼ばれる特殊な薬剤を流し込む作業を続けていました。
その結果、6日午前5時38分ごろ、ピットから海への水の流出が止まったことが確認され、東京電力はその場所を撮影した写真を公開しました。
流出が止まったあと、2号機のピットやタービンがある建物にたまった水の量に変化はないということですが、東京電力は、再び流出しないよう、ピットの亀裂をゴムの板などで塞ぐ対策をとり、流出した高濃度の汚染水が拡散しないよう、取水口周辺の海水を仕切る7枚の鉄板を設置することにしています。
また、東京電力は、流出を止めたことにより、別の場所から新たに汚染水が漏れ出すおそれがあるとして、調査しています。
一方、東京電力は、施設内にたまっている高濃度の放射性物質に汚染された水の保管先を確保するため、廃棄物集中処理施設から、比較的低い濃度の放射性物質に汚染された水を海に放出する作業を行っていて、これまでにおよそ6000トンの水の放出を終え、残るおよそ2000トンの放出作業を続けています。
5号機と6号機の地下水を集めるサブドレンピットと呼ばれる施設からも、6日午後2時までに、およそ580トンの汚染水が放出されました。

4月6日のニュース一覧