東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

4月2日のニュース

施設にひび割れ 汚染水が海に

東京電力福島第一原子力発電所の2号機で、高濃度の放射性物質を含む水が、海沿いにある「ピット」と呼ばれる施設のひび割れた部分から海に流れ出ていることが分かりました。
汚染された水が海に流れ出ている場所が確認されたのは初めてで、東京電力は、原子炉からの水が漏れ出すルートの1つとみて調べています。
東京電力によりますと、2日午前9時半ごろ、2号機の海水を取り込む「取水口」の近くにある、電源ケーブルを納めるための「ピット」と呼ばれるコンクリート製の施設に、10センチから20センチほど水がたまっているのが見つかりました。
ピットの側面には長さ20センチほどのひび割れが見つかり、そこから水が海に流れ出ていたということです。
福島第一原発で、汚染された水が海に流れ出ている場所が確認されたのは初めてです。
ピットの水の表面では、1時間当たり1000ミリシーベルトを超える高い放射線量が測定され、東京電力は、見つかったひび割れをコンクリートで埋めて、水が流れ出るのを止める作業を進めています。
2号機では、タービン建屋にたまった水から、運転中の原子炉の水のおよそ10万倍という高い濃度の放射性物質が検出されているほか、タービン建屋の外にある、トレンチと呼ばれるトンネルにたまった水からも、高い濃度の放射性物質が検出されています。
東京電力によりますと、汚染された水が見つかったトレンチは、電源ケーブル用の別のトレンチを経由して、2号機のピットとつながっているということです。
ピットの中の水を調べたところ、運転中の原子炉の水のおよそ1万倍の濃度の放射性物質が検出され、東京電力は、原子炉からの水が海に漏れ出すルートの1つとみて調べています。
東京電力は、これまでの福島第一原発と福島第二原発の周辺に加えて、2日から新たに原発の沖合15キロ付近でも海水のサンプリング調査を行って、放射性物質による汚染状況を調べています。

4月2日のニュース一覧