東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

3月20日のニュース

避難の双葉町民 別施設移動へ

福島第一原子力発電所の事故で町全体に避難指示が出され、「さいたまスーパーアリーナ」で避難生活をしている福島県双葉町の町民およそ1200人について、埼玉県は新たな避難先として、埼玉県加須市の廃校になった高校の施設で受け入れる方針を決めました。
人口およそ6900人の福島県双葉町は、福島第一原発の事故を受けて町全体が避難指示の対象となり、井戸川克隆町長らおよそ1200人の町民が、19日からさいたま市中央区の「さいたまスーパーアリーナ」に移って避難生活を始めました。
しかし、アリーナが避難所として使えるのは今月いっぱいの予定のため、町は埼玉県と協議していました。
その結果、新たな避難先として、埼玉県北部の加須市にある廃校となった旧騎西高校の施設で受け入れる方針を決めました。
新たな避難先へ移動する時期は、調整中だということです。

3月20日のニュース一覧