東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

3月18日のニュース

東京消防庁 放水高い位置から

福島第一原子力発電所の3号機を冷却する東京消防庁の放水作業は地上22メートルの高さから放水できる「屈折放水塔車」を使って高い位置から行うことになり、消防車5台が現地に向かっています。
東京消防庁は、政府の対策本部からの要請を受けて、18日午前、深刻な状態が続いている福島第一原子力発電所に向けて特殊な機能を備えた消防車30台と隊員139人を派遣しました。
東京消防庁の部隊は、福島県いわき市の消防施設に集合し、いったん自衛隊が設けた前進指揮所に移って放水活動の方法を検討したうえで、午後3時半すぎ消防車5台と隊員13人が現地に向かいました。
東京消防庁の放水作業は、自衛隊に引き続いて3号機で行われ、地上22メートルの高さから1分間に3トンを放水できる「屈折放水塔車」を使って高い位置から行うことになっています。
また、2キロ余り離れたところから水を送ることができる「遠距離大量送水車」という車両を使って、離れたところでくみ上げた海水をホースで放水車に補給して放水するということです。

3月18日のニュース一覧