東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

3月18日のニュース

自衛隊 3号機への放水を実施

福島第一原子力発電所3号機を冷却するため、自衛隊は、各地の航空基地から集めた消防車を使って、18日午後2時前からおよそ40分間、放水作業を行いました。
このあと、東京消防庁の消防車が放水を行う計画で、深刻な状況にあるとされる3号機の冷却を急いでいます。
福島第一原子力発電所の3号機と4号機は、いずれも使用済み燃料を保管したプールが冷却できない状態になっており、このままでは放射性物質が大量に漏れ出すおそれがあります。
このうち3号機について、自衛隊は、17日、ヘリコプターと消防車を使って上空と地上から放水作業を行いましたが、依然としてプールの水位が低い状態が続いているとみられています。
このため、自衛隊は、18日も地上からの放水作業を行うことを決め、全国の航空基地から集めた特殊な消防車6台が午後2時前からおよそ40分間にわたって、放水を行いました。
6台は、17日と同じように1台ずつ、3号機の近くまで前進して放水し、これに続いて東京電力の協力会社の社員が在日アメリカ軍から借りた消防車1台を使って放水を行ったということです。
放水した量は、この7回であわせて50トンで、防衛省によりますと、水は3号機の建屋のなかまで届いているということです。
18日は東京消防庁の消防車も派遣され、すでに現地に到着しているということで、まもなく3号機へ向けて放水する予定だということです。

3月18日のニュース一覧