東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

3月18日のニュース

東北の放射線 やや高い数値も

自治体などの観測によりますと、福島県や宮城県では、依然としてふだんよりもやや高い放射線の数値が計測されていますが、いずれも健康に影響が出るレベルではないということです。
18日午前0時から午前9時までの各地の観測によりますと、福島第一原子力発電所から北西に65キロほど離れた福島市では、午前0時に1時間当たり12.7マイクロシーベルトと、通常よりも高い放射線を計測しました。
また、白河市で、午前1時に1時間当たり3マイクロシーベルト、郡山市で午前1時に1時間当たり2.83マイクロシーベルトと、通常よりも高い数値となりました。
宮城県では、福島第一原発から北東に120キロほど離れた女川町の女川原発で、午前0時に1時間当たり2.8マイクロシーベルト、茨城県では、北茨城市で午前10時20分に1時間当たり1.05マイクロシーベルト、水戸市で午前1時に1時間当たり0.2マイクロシーベルトと、いずれも通常より高い放射線を計測しました。
また、栃木県では、那須町で午前5時に1時間当たり1.17マイクロシーベルトを計測しました。
那須町では、今回の大震災から観測を始めたため、これまでの通常の値はありませんが、県庁所在地の宇都宮市の通常よりも高くなっています。
しかし、これらの数値の放射線を1時間浴びたとしても、最も高い福島市でも胃のX線検診で受ける放射線量の50分の1ほどで、健康に影響が出るレベルではないということです。
札幌市、青森市、秋田市、岩手県の盛岡市、山形市では、通常以上の放射線は計測されませんでした。

3月18日のニュース一覧