東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース

3月17日のニュース

東京電力 “外部電源復旧は18日以降”

冷却機能が失われ、深刻な事態に陥っている福島第一原子力発電所で原子炉を冷やす機能を回復させるため、東京電力は、17日、外部電源の復旧に向けて発電所に送電線を引き込む作業を行っていますが、放水作業に時間がかかったことなどから、復旧は18日以降になる見通しです。
これは17日夜開いた記者会見で、東京電力が明らかにしました。
福島第一原発では、地震による停電に加え、津波で非常用の発電機が故障して電気が使えなくなり、1号機から3号機で原子炉を冷やす機能が失われるなど、深刻な事態に陥っています。
東京電力は、原子炉を冷やす機能を回復させるには、大きな電力である外部からの電源を復旧させる必要があるとして、17日から発電所に送電線を引き込む作業を行っています。
具体的には、原発の近くを通る高圧送電線から新たに送電線を引き込んで、仮設の変圧器につないで、まず電気設備に損傷の少ない2号機の冷却装置に電気を送るということです。
当初の予定では、17日じゅうに外部電源の一部を復旧させる予定でしたが、放水作業に時間がかかったことや、現場の放射線量が高く、慎重に作業を進めたことなどから復旧は18日以降になる見通しです。

3月17日のニュース一覧