エボラ流行国からの全帰国者 健康状態の報告義務化10月21日 11時58分

エボラ出血熱の感染が西アフリカで拡大していることを受けて、厚生労働省は、ギニア、リベリア、シエラレオネの3か国に滞在したすべての人に対し、帰国した日から3週間、健康状態に変わりがないか毎日、検疫所への報告を義務づけることになりました。

もっと詳しく

気象・災害情報
このページの先頭へ