避難の高齢者にエコノミー症候群の兆候9月3日 4時22分

広島市の土砂災害で、新潟大学の病院の医師らが避難生活を続ける高齢者を対象に、いわゆる「エコノミークラス症候群」の検査を行ったところ、およそ4人に1人に発症の兆候が見られたことが分かり、医師らは、今後も避難生活が続く人は予防策を取るよう呼びかけています。

もっと詳しく

気象・災害情報
このページの先頭へ