西予市 伝統の乙亥大相撲 4年ぶりの通常開催

西予市の伝統の相撲大会、「乙亥大相撲」が4年ぶりにプロの力士も参加して28日から2日間の日程で始まりました。

「乙亥大相撲」は、西予市野村町で江戸時代から続く伝統行事で、ことしで172回目を迎えます。
新型コロナの影響で参加者を制限したり、規模を縮小したりして続けてきましたが、ことしは通常どおりの開催となりました。
初日の28日は、全国で「乙亥大相撲」だけで行われているとされる、大相撲の力士とアマチュアの力士の対戦が4年ぶりに行われました。
訪れた大勢の観客は、大相撲の力士との迫力のある取り組みに大きな声援を送っていました。
また赤ちゃんの健やかな成長を願う「稚児土俵入り」も行われ、幕内最年長の玉鷲や朝乃山に抱きかかえられて泣き出す赤ちゃんもいましたが、土俵入りが終わると大きな拍手が送られていました。
西予市から来た男性は、「4年ぶりに合わせて子どもと一緒に参加できて良かったです。一期一会の出会いに感謝して育っていってほしい」と話していました。
「乙亥大相撲」は29日も午前8時から小学生や中学生の対抗戦などが行われます。