放置の女児衰弱死で両親逮捕

去年5月、横浜市で生後6か月の赤ちゃんに十分な食事や水分を与えず死亡させたとして警察は、29歳と19歳の両親を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕しました。
2人は赤ちゃんを小さなケースに入れて、アルバイトやパチンコなどに出かけていたとみられ、警察は詳しい経緯を調べています。

逮捕されたのは、いずれも自称・派遣社員で横浜市南区の29歳の男と19歳の妻で、警察によりますと去年5月中旬から下旬にかけて、自宅のアパートで生後6か月の娘に、十分な食事や水分などを与えずに放置し、死亡させたとして保護責任者遺棄致死の疑いが持たれています。
2人は、去年5月31日の未明に帰宅した際、床に横たわった赤ちゃんを見つけ、消防に通報したということですが、その後、遺体の状況に不審な点があったたため病院が警察に連絡していました。
当時、部屋の温度は26度で、赤ちゃんは熱中症などの疑いで衰弱していたということで警察の調べに対して2人は容疑を認めているということです。
赤ちゃんは当時、身長がおよそ70センチでしたが2人は、縦35センチ、横47センチの小さなケースに赤ちゃんを入れてアルバイトやパチンコなどに頻繁に出かけていたとみられるということです。
警察は赤ちゃんを放置していた詳しい状況を調べています。