買い物支援と高齢者の見守り 有田川町とJAが移動販売で協定

食品の移動販売を通じて、過疎地の高齢者などを支援しようと、有田川町と地元のJAが協定を結びました。

この協定は、有田川町と「JAありだ」が、結びました。
町役場で行われた締結式では、有田川町の中山正隆町長とJAありだの森田耕司組合長が協定書に調印しました。
このあと、中山町長は「移動販売の開始を、地域の方も非常に喜び期待している」とあいさつしました。
協定は、人口2500人余りのうち、65歳以上の高齢者の割合が56%を占める山間部の地域で、町の中心部の役場から20キロあまり離れた清水地域を対象に、JAが野菜などの食品の移動販売を行い、町がその経費を、1営業日当たり7200円余り補助します。
移動販売は、10月2日から日曜日を除いて週に6日行い、地域を巡回して買い物の支援をしながら、高齢者の見守りも行います。
JAありだの森田組合長は「地域に貢献したいと以前から考えていた。移動販売が地域の人口減少に歯止めをかける存在になってほしい」と話していました。