「滝の拝」でボウズハゼの岩登り 古座川町

古座川町を流れる川の支流にある景勝地、「滝の拝」で、「ボウズハゼ」と呼ばれるハゼが水の流れに逆らって岩壁を登っている姿が見られます。

岩壁を登っているのは、ボウズハゼと呼ばれるハゼ科の魚で、頭が丸みを帯び、藻類を主な餌としています。
毎年、このシーズンになると川をさかのぼって上流を目指しますが、途中で岩壁などがあると吸盤状の腹びれや口を使ってはい上がっていきます。
古座川の支流にある景勝地、「滝の拝」では、体長が5センチから10センチほどのボウズハゼが、滝の周りにそびえ立つ壁や魚道などで、水の流れに逆らいながらはい上がる姿が見られます。
中には、激しい流れに押し流されてしまうハゼもいますが、懸命に、何度も挑戦していました。
ボウズハゼの岩登りは、9月まで続くということです。