和歌山県 知事と元議員も含め県議42人の去年の所得公開

知事や県議会議員の去年1年間の所得の報告書が公開され、仁坂知事は1億4469万円、県議会議員の所得は平均で1320万円でした。

知事と県議会議員の所得と資産は、県の条例に基づいて毎年、公開されています。
このうち、仁坂知事の去年の所得の総額はおよそ1億4469万円で、内訳は、▼株式の売却益が1億1987万円、▼給与が1775万円、▼不動産賃貸収入が353万円、▼株式の配当が313万円、▼雑所得が38万円となっています。
一方、ことし辞職した元議員も含めた県議会議員42人の去年の所得の平均は1320万円でした。
最も所得が多かったのは、▼日高郡選出の坂本登議員で4657万円、次いで、▼和歌山市選出の尾崎太郎議員が1936万円、▼西牟婁郡選出の秋月史成議員が1782万円などとなっています。
知事や県議会議員の所得の報告書は、知事については県庁本館の情報公開コーナーで、県議会議員については県庁北別館の県議会事務局で、それぞれ閲覧できます。

また、衆参両院の国会議員の去年1年間の所得も公開され、和歌山県関係の衆議院議員3人、参議院議員2人のあわせて5人の平均所得は2579万円でした。