高野町の小学校で訓練 不審者から身を守る方法学ぶ

高野町の小学校で授業中に不審者が侵入したことを想定した訓練が行われました。

高野町の花坂小学校で行われた訓練には、小学校の全校児童と教職員らあわせておよそ20人が参加し、授業中に不審者が教員の制止を振り切って、校舎に侵入したという想定で始まりました。
教職員たちがさすまたを使って不審者を足止めしている間に、警察に110番通報し、子どもたちに犯人がいる方向に行かないよう呼びかけることなどを確認しました。
このあと、子どもたちは、警察官から「いかのおすし」というキーワードを使って、知らない人について「いか」ないことや、知らない人の車には「乗」らないなど、自分の身を守る方法を教わりました。
実際に、不審者役の警察官が子どもに声を掛ける訓練も行いました。
参加した6年生の男子児童は「不審者は怖かったけど、『いかのおすし』を守りたいです」と話していました。
橋本警察署高野幹部交番の南良太所長は「不審者が襲って来た時、適切に対応して、子どもたちが慌てず、スムーズに避難できるよう先生たちや子どもたちが真剣に取り組んでくれました」と話していました。