和歌山 新型コロナ 新たに261人感染確認

和歌山県は、20日、新たに261人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

新たに感染が確認されたのは、乳児から90代までの男女261人です。
1日の感染者数は、先週の同じ曜日に比べて50人減りましたが、19日より55人増え、高止まりの状況が続いています。
また、田辺保健所管内の小学校で児童8人が、岩出保健所管内のグループホームで入所者と職員合わせて10人が20日までに感染が確認され、県は、364例目と365例目のクラスターに認定しました。
和歌山県の野尻孝子技監は、「和歌山市の感染動向が大きく影響していて、4日連続で100人以上感染している。特に病院での院内感染が複数起こっている」と、引き続き感染対策の徹底を呼びかけました。
県内の1日の感染者数を保健所別にみると、和歌山市で139人、岩出で46人、田辺で30人、橋本で14人、新宮で12人、海南と湯浅でそれぞれ7人、御坊で6人になっています。
これで県内で感染が確認された人は合わせて4万411人になりました。