鎮痛薬の効果 新化合物を開発

「がん」などの激しい痛みをやわらげるために使われる「鎮痛薬」の効果がある新たな化合物を和歌山県立医科大学などの研究グループが開発しました。
グループは副作用が少ない鎮痛薬の実用化につながる成果だとしています。

新たな化合物を開発したのは、和歌山県立医科大学の木口倫一講師とアメリカの大学の研究者などのグループです。
「がん」などの強い痛みをやわらげるために、「モルヒネ」や「オキシコドン」などの鎮痛薬が使われていますが、続けると効果が薄くなる一方、依存性が高まるなどの副作用が課題になっています。
研究グループが開発した新たな化合物、「AT−121」は、鎮痛効果をもたらす細胞内の受容体に作用するのと同時に、副作用を抑える働きをする別の受容体にも作用するのが特徴です。
アカゲザルを使った実験では、モルヒネの約100倍の鎮痛効果が確認されましたが、副作用はほとんど見られなかったということです。
研究グループの1人で、和歌山県立医科大学の岸岡史郎教授は「世界中が探し求めてきた副作用の少ない鎮痛薬の開発につながる画期的な成果だ」と話していました。