野木町 10日夜の突風で住宅被害が多数 気象台が現地調査

栃木県野木町では10日夜の突風で住宅の被害が多数確認され、宇都宮地方気象台は11日、職員を現地に派遣して突風の原因をしました。

野木町によりますと、10日夜の突風で町内では住宅などへの被害が多数確認されています。
このうち、野木町佐川野の舘野信男さんが営む会社では、事務所の窓ガラスが割れ、敷地内にある倉庫が大きく壊れるなどの被害が出ました。
また、会社から50メートルほど離れた舘野さんの自宅では外壁にひびが入り、すぐそばには会社の倉庫の屋根の一部が落ちていたということです。
舘野さんは「被害の状況を見て驚きました。仕事に影響が出ないか心配です」と話していました。
こうした中、宇都宮地方気象台は、職員を現地に派遣して11日午前10時半ごろから詳しい調査を行いました。
気象台の職員は、野木町友沼の屋根が飛ばされるなどの被害を受けた住宅を訪れ、住民の男性に当時の状況を聞き取ったり、建物を写真に収めたりしていました。
住民の男性は「家が壊れたままでは住めないので、どうしようかと考えています」と話していました。
宇都宮地方気象台の森井正宏防災管理官は「竜巻なのか、ダウンバーストなのか、原因はまだ調査中だが、かなり強い風が吹いたとみられる。どの範囲で強風が吹いたのか、調査を続けたい」などと話していました。
気象台は11日の調査を午後4時半までに終え、把握した被害情報から突風の原因を推定し、12日、公表することにしています。