船転覆で発見の男性死亡確認

12日朝、三重県桑名市の沖でプレジャーボートが転覆し、行方不明になっていた男性が心肺停止の状態で見つかっていましたが12日夜、男性の死亡と亡くなったのはボートを所有する三重県東員町の男性と確認されました。


12日午前6時すぎ、三重県桑名市福岡町の沖で、漁船から「小型船が転覆している。乗組員を救助しようとしたが人が沈んでいった」と海上保安部に通報がありました。
四日市海上保安部が救助に向かいましたが船は午前11時ごろ沈没し、海底で、男性が沈んでいるのが見つかりました。
その後、身元の確認を進めていましたが午後6時ごろ、男性の死亡が確認されました。
死亡したのはこの船の所有者で東員町に住む自営業の平野正一さん(62)で、死因は溺れて亡くなったということです。
平野さんは「仕掛けていた網を引き上げてくる」と家族に告げ、午前4時ごろ車で出かけたということです。
沈没したプレジャーボートに衝突したような痕はなく、事故当時、海上は10メートルほどの風が吹き、50センチから1メートルほどの波があったということで海上保安部は、風や波の影響で船が転覆したと見て調べています。
現場は揖斐川の河口から1.5キロほどの沖合です。