災害時寄付金受け付けで初協定

大規模な災害が発生した時に全国からの寄付金を早く円滑に受け取ろうと、三重県は全国の都道府県では初めて、ふるさと納税の受け付けサイトを運営する会社と、災害時に迅速に専用サイトを立ち上げる協定を結びました。

この協定は、大規模な災害が発生した時にふるさと納税を利用して迅速な寄付金の受け付けを可能にしようと、三重県が全国の都道府県では初めてふるさと納税の受け付けサイトを運営する「トラストバンク」と結んだものです。
12日は「トラストバンク」の須永珠代社長らが県庁に鈴木知事を訪ねました。
締結式では、鈴木知事が「南海トラフ巨大地震の懸念はもちろん、最近は、台風などの災害も懸念されるなか、こうした協定を結ぶことは心強く思う」と述べました。
そして、鈴木知事と須永社長がそれぞれ協定書に署名し、協定が結ばれました。
今後は、三重県内で大規模な災害が発生した際、寄付金を受け付ける専用サイトが立ち上げられ、従来の仕組みよりも多くの寄付金が集まることが期待されるということです。
また、専用サイトでは被災状況などの情報もあわせて掲載されるということです。
須永社長は「現場では人命救助が最優先され資金面は後回しになりがちなので資金面でのスムーズな支援をしていきたい」と話していました。