倉吉信用金庫で強盗想定した訓練 警察への通報手順など確認

年末年始の特別警戒取締り期間に合わせて、倉吉市の金融機関で強盗が発生した想定で訓練が行われ、職員らが警察への通報の手順などを確認しました。

この訓練は、倉吉市の倉吉信用金庫に男が押し入ったという想定で行われ、警察官や信用金庫の職員など40人あまりが参加しました。
このなかで、犯人役の警察官2人がガソリンが入ったビンと拳銃を持って「金を出せ」などと職員を脅し、現金をかばんに入れさせて逃走しました。
職員は、犯人が押し入っている間に気づかれないように、非常事態が起きたことを直接警察に通報できる「110番通報ボタン」を押しました。
このあと、現場に駆けつけた警察官は、犯人が車で逃げたことや、身長はおよそ180センチでメガネをかけていたなど、犯人の服装や身体の特徴などを職員から聞き取っていました。
参加した信用金庫の職員は「犯人の迫力がすごくて圧倒されてしまった。もしこのようなことが起きたら落ち着いて対応できるようにしたい」と話していました。
倉吉警察署の山根孝治生活安全課長は「訓練では職員が落ち着いて対応できていたのがよかった。年末年始は金融機関を狙った強盗事件も懸念されるので、防犯意識を高めるとともに設備点検なども行い備えてほしい」と話していました。