鳥取市青谷 最高気温36.1度 全国1位の暑さ

23日の県内は各地で気温が上がり、鳥取市青谷では、日中の最高気温が36.1度と全国で最も高くなり、3つの観測地点で、ことし初めての猛暑日となりました。
24日以降も暑さが続く見込みで、県は熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

気象台によりますと、23日の県内は、南から暖かい空気が流れ込んでいる影響で午前中から気温が上がりました。
日中の最高気温は、鳥取市青谷で36.1度と全国で最も高くなったほか、倉吉市で35.8度、米子市で35.4度と、3つの観測地点でことし初めて35度以上の猛暑日となりました。
鳥取市青谷と倉吉市は6月の観測史上、最も高い気温です。
23日は、このほかのすべての観測地点でも30度を超える暑さとなりました。
気象台によりますと、県内は23日夜から24日朝にかけても、最低気温が25度を下回らない熱帯夜が予想されていて、24日朝の最低気温は、米子市が28度、鳥取市が27度と予想されています。
また、24日は午後から雨が降る見込みですが、気温は平年より高い日が続く見通しで、24日の日中の最高気温は、鳥取市で34度、米子市で33度と予想されています。
県は「熱中症警報」を発令し、こまめな水分補給や適切にエアコンを使用すること、それにマスク着用時は負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人と十分な距離を取った上で、適宜マスクを外すよう呼びかけています。

NHKが県内の3つの消防局に取材したところ、23日午後8時までに、鳥取市や米子市などで、あわせて10人が熱中症の疑いで病院に搬送されました。
いずれも命に別状はなく意識はあるということです。