岩美町職員飲酒事故で停職6月

岩美町の50代の女性職員が酒を飲んで車を運転し事故を起こしていたことがわかり町はこの職員を停職6か月の懲戒処分にしました。
懲戒処分を受けたのは岩美町教育委員会の50代の女性職員です。
町によりますと女性職員はことし3月、缶酎ハイを飲みながら車を運転し、スーパーの駐車場のフェンスに車をぶつける事故を起こしたとして酒気帯び運転などの疑いで書類送検されたということです。
職員は事故を起こした現場で、運転席に座ったまま寝ていたところを警察官に見つかり検挙されたということです。
女性職員は町の調査に対し、「運転中になぜ飲酒したのかわかりません。大変なことをしてしまい申し訳ありません」と話しているということです。
町はこの職員を停職6か月の懲戒処分としました。
岩美町は「誠に遺憾で再発防止を徹底し、町民の信頼回復に努めたい」としています。