倒木の下敷きになり男性重体 神社で木を伐採中 さぬき市

25日午前、さぬき市の神社の駐車場で木の伐採作業をしていた男性が倒れてきた木の下敷きになり、意識不明の重体となっています。

25日午前11時半すぎ、さぬき市の「鴨部神社」で駐車場の木を伐採していた市内に住む77歳の男性が倒れてきた木の下敷きになりました。

男性は病院に搬送されましたが意識不明の重体となっています。

警察によりますと倒れた木は長さ14メートル、直径は太いところで50センチほどだということで警察が当時の状況を調べています。