大学入学共通テストを前に 試験会場には多くの受験生が下見

15日から始まる大学入学共通テストを前に、県内の試験会場では、多くの受験生が下見に訪れ本番に備えていました。

大学入学共通テストは、15日と16日に行われ、県内では8か所の試験会場でおよそ4500人が受験する予定です。

高松市幸町にある香川大学教育学部の試験会場には多くの受験生が下見に訪れ、試験を受ける場所を掲示板で確かめたあと、校舎に入って会場となる講義室の場所を確かめていました。

下見に訪れた高松市の女子高校生は「体調管理に気をつけながら今までやってきたことを信じて最大限の力を尽くせるように頑張りたい」と話していました。

一方、大学では濃厚接触者と判断された受験生のうち、PCR検査で陰性が確認され試験当日も無症状の受験生が試験を受ける場所も用意していて、職員が入念に机やいすの消毒を行っていました。

また、新型コロナの影響で共通テストの本試験と追試験の両方を受けられなかった受験生については、個別入試の結果で合否を判定するよう文部科学省から要請が来ているということで、香川大学の入試担当者は「共通テストを受験した生徒との公平性が維持できることを前提に検討を進めていきたい」と話しています。

大学入学共通テストは、初日の15日は地理歴史と公民、国語、外国語の試験が行われ、2日目の16日は理科と数学の試験が行われます。