9人遺体 女子大学生容疑再逮捕

神奈川県座間市のアパートで9人が遺体で見つかった事件で、このうちの5人を殺害した疑いなどで逮捕された白石隆浩容疑者について、警視庁は埼玉県所沢市の19歳の女子大学生を殺害し、遺棄したなどとして、再逮捕しました。

去年10月、神奈川県座間市のアパートの部屋で、男女9人が遺体で見つかり、警視庁はこのうちの5人を殺害した疑いなどで、この部屋に住んでいた白石隆浩容疑者(27)を逮捕しています。
警視庁がさらに捜査を進めた結果、埼玉県所沢市の大学2年生、更科日菜子さん(19)について去年9月16日ごろに部屋で殺害し、遺体を遺棄したなどとして、13日殺人などの疑いで再逮捕しました。
これまでの調べによりますと、白石容疑者はこの女子大学生と事件の3日ほど前からツイッターやLINEでやりとりをしていたということです。
また、ICカードの記録から、女子大学生が事件当日の午前0時半ごろにアパートの最寄りの駅の改札を出ていたことが分かり、このあと、白石容疑者と駅で会ってアパートに向かったとみられるということです。
警視庁によりますと、調べに対し容疑を認め、「現金をとるなどの目的だった。所持金をとった」と供述しているということです。
警視庁はほかの被害者3人についても殺人などの疑いで捜査を進める方針です。