バスケットボールのベルテックス静岡が沼津市と連携協定を締結

バスケットボールB3リーグのベルテックス静岡と沼津市は、チームが拠点としている静岡市以外では初めて、スポーツ振興などを目的とした連携協定を締結しました。

24日沼津市役所で行われた締結式には頼重秀一市長と、ベルテックス静岡の運営会社の松永康太社長が出席しました。
今回の協定はスポーツを通じたまちづくりに取り組む沼津市と、来年1月に市内に完成予定の新総合体育館で公式戦の開催を目指しているベルテックス静岡が、バスケットボールを通じたスポーツ振興や子どもたちの育成などについて協力することを目的に結ばれました。
松永社長は「Bリーグは最近成長を続けていて、興行的に伸びています。静岡市にとどまらず、静岡県全体の発展に挑戦したい」とあいさつし、頼重市長は「プロの試合が展開されることになれば市としてありがたい。協定の締結に心から感謝しています」と述べました。
ベルテックス静岡が拠点としている静岡市以外で協定を締結するのは初めてで、7月2日には市内の小学生を対象にしたバスケットボール教室が開催される予定です。
沼津市出身の大石慎之介選手は「沼津で育ってきたので、今度は恩返しをする番だと思っています。沼津市で試合をするのは高校以来なので、すごく楽しみです」と話していました。