鴻巣市 80代の女性死亡 車にひき逃げされた可能性も 

17日午前、埼玉県鴻巣市の80代の女性が、自宅から救急車で病院に搬送されたあと、死亡しました。
女性は腰の骨を折っていて、家族に「車にぶつかった」などと話していたということで、警察は車にひき逃げされた可能性もあるとみて、詳しい状況を調べています。

17日午前8時半ごろ、鴻巣市に住む86歳の女性の家族から、女性の容体が急変したという119番通報がありました。
女性は救急車で病院に搬送されましたが、およそ2時間後に亡くなりました。
警察によりますと、腰の骨が折れていたということで、警察が家族に話を聞いたところ女性は腰の痛みを訴え「車にぶつかった。交通事故にあった」などと、話していたということです。
また、女性は17日朝、家の近くの道路の歩道と車道を区切る縁石に座っていたところを近所の住民が見つけ、自宅まで送り届けていたということです。
警察は女性が車にひき逃げされた可能性もあるとみて、死因を調べるとともに当時の状況を詳しく調べています。