覚醒剤取締法違反などで起訴の被告 埼玉の病院から逃走

覚醒剤取締法違反などの罪で起訴され、埼玉県内の病院で治療を受けるために一時、勾留が停止されていた38歳の被告が17日、病院から逃走し、東京地方検察庁や警察が行方を捜しています。

逃走しているのは、窃盗や覚醒剤取締法違反などの罪で起訴されている無職の上田健被告(38)です。
東京地方検察庁によりますと、上田被告は埼玉県川口市にある病院で治療を受けるため、裁判所が、弁護士が付き添うことなどを条件に17日の朝から19日夕方まで、勾留の停止を認める決定をしていましたが、17日午後、弁護士からの連絡で上田被告が逃走したことがわかったということです。
上田被告は身長が1メートル53センチ、体重は58キロで、勾留停止を認めた裁判所の決定は取り消されました。
東京地検は「警察と協力して所在の捜査に努めている」としています。

警察は、被告が逃走したことをSNSなどで周知して注意を呼びかけるとともに、不審者がいないか警戒を続けています。