大野知事「今週末の外出自粛を」

埼玉県の大野知事は、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、東京都の対応を受けて26日夕方、記者会見を開き、県民に対し、今週末の不要不急の外出の自粛を呼びかけました。

これは埼玉県の大野知事が午後5時すぎから開かれた記者会見で明らかにしました。
このなかで大野知事は県内の感染者について、「急激な拡大やクラスターが次々と生まれる状況にはないが、東京と埼玉は人や物が頻繁に往来しており、東京の状況と無関係とは考えられない。爆発的な感染に入る前に少しでも感染のピークを遅らせるために必要と決断した」と述べ、東京都の対応を受けて県民に対し今週末の不要不急の外出の自粛を呼びかけました。
一方で、「生活必需品の買い物や散歩、子どもの公園での遊びなどは自粛の対象ではない」としたうえで、帰宅した際の手洗いなど、対策の徹底を改めて求めました。
そのうえで現状については、「都市が封鎖されるような状態ではない」と強調したうえで、県民に対して、商品の買い占めなどを行わないよう冷静な対応を呼びかけました。
今回の要請について、大野知事は「県民の皆様には、通常の生活ではなく自粛を求めるので、大変ご迷惑をかける認識はしている。首都圏で患者が増えていることは数字上、明らかなので、首都圏単位でしっかりと措置を行う必要があると判断した」と述べ、理解を求めました。