アジ刺身からアニサキス食中毒

佐賀市の大型商業施設でアジの刺身を購入し、自宅で食べた女性が胃の痛みなどを訴え、医療機関を受診したところ寄生虫のアニサキスによる食中毒とわかりました。
県は商業施設の鮮魚売り場を4日1日、営業停止とするとともに、食中毒の予防を心がけるよう呼びかけています。

県によりますと多久市の60代の女性が、3日、胃の痛みやおう吐などの症状で医療機関を受診したところ、胃の中から寄生虫のアニサキスが検出されました。

女性は2日、佐賀市の大型商業施設「ゆめタウン佐賀」でアジの刺身を購入し、自宅で食べていて、これ以外には生の魚介類は食べていないということです。

県はアジの刺身が原因のアニサキスによる食中毒と断定し、「ゆめタウン佐賀」の鮮魚売り場を4日、1日営業停止としました。

食中毒をうけ、ゆめタウン佐賀は「深くお詫び申し上げるとともに、再発防止に努め改善して参ります」としています。

アニサキスはアジやサバなどの青魚などに寄生する長さ2センチほどの寄生虫で、感染すると胃や腸の壁を傷つけ、激しい腹痛やおう吐などの症状を引き起こします。

県では、食材をしっかり加熱したり、氷点下20度で24時間以上冷凍するなどして、アニサキスによる食中毒を防ぐよう呼びかけています。