火災予防運動にあわせ特別養護老人ホームで避難訓練 日野町

秋の全国火災予防運動にあわせ、日野町の特別養護老人ホームで、火災を想定した避難訓練などが行われました。

訓練が行われたのは、日野町の特別養護老人ホーム「誉の松」で、9日、ホームの職員や地元の日野消防署の署員など100人あまりが参加しました。
訓練は、昼食の準備中に調理室から火が出たという想定で行われ、火災に気付いた施設の職員が火災報知器のボタンを押し、施設内に火災を知らせるとともに消防に通報しました。
そして、駆けつけた消防署員が、放水を行いました。
また、およそ60人の施設の利用者を屋外に避難させる訓練では、職員が、毛布を担架の代わりにして寝たきりの人をのせて連れ出していました。
老人ホームの山川ひろみ施設長は「訓練を通して、注意が必要な点が見えてきた。調理室など火災につながるおそれがある場所には貼り紙をするなどして、職員に注意を促していきたい」と話していました。