愛称の「滋賀レイクス」が正式な呼び名に ロゴは「S」で一新

バスケットボールBリーグの滋賀レイクスターズは、これまで愛称として親しまれてきた「レイクス」をチームの正式な呼び名とすることを決め、ロゴマークも新しくしました。

これは「滋賀レイクス」が5日に会見を開いて発表しました。
それによりますと、びわ湖が象徴となっている滋賀県のチームであることを強調するため、これまで愛称として親しまれてきた「レイクス」を使って、チームの正式な呼び名を「滋賀レイクス」とすることを決めたということです。
会見では上原仁会長が「滋賀」の頭文字のSをデザインした新たなロゴマークを発表し、「S」に「SPIRIT」、「SMART」、「SPECTACLE」、「SUSTAINABLE」の4つの意味を込めたと説明しました。
上原会長は「クラブに関わるすべての人が信念をもってまい進していく。滋賀の誇りとなれるよう日本一のクラブを目指したい」と話しました。
また、会見にはともに滋賀県出身で、ミュージシャンの西川貴教さんやオリンピック、フェンシングの銀メダリスト太田雄貴さんも参加し、日本一のクラブ作りに協力していくことになりました。
西川さんは「チームが盛り上がったタイミングで、近江高校の吹奏楽部と一緒にコートに立って演奏したい。滋賀県が飛躍するきっかけ作りになればいい」と話していました。