新首相に菅氏 県内の受け止めは

自民党の菅義偉総裁は、衆参両院の本会議で行われた総理大臣指名選挙の結果、第99代の総理大臣に選出されました。
滋賀での受け止めを取材しました。

安倍内閣は、16日午前、総辞職。
これを受けて、衆参両院の本会議で総理大臣の指名選挙が行われ、自民党の菅総裁が第99代の総理大臣に選出されました。

【三日月知事は】
自民党の菅総裁が第99代の総理大臣に選出されたことについて、滋賀県の三日月知事は「新型コロナとの闘いが長丁場となる中で、感染拡大防止と社会経済文化活動の両立をはじめ、人口減少や少子高齢化、介護・子育ての不安など課題が山積し、地方の役割がこれまで以上に求められている」としたうえで、「菅総理には地方議員出身ならではの視点から地方の実情に目を向けその声をしっかり受け止め地方のためになる改革をお願いしたい。強いリーダーシップと突破力に期待している」とコメントしています。

【県内経済界は】
自民党の菅総裁が第99代の総理大臣に選出されたことについて、県内の経済界の反応です。
滋賀経済団体連合会の大道良夫会長は、「2世議員が多い中でたたき上げの方なので中小零細企業の境遇にも理解があるのではと期待している。新型コロナウイルスの対策や最新のデジタル技術を活用して社会を変革するデジタルトランスフォーメーションに取り組むとともに、道半ばの地方創生や東京一極集中の是正など地方の現場に寄り添った政策を進めてほしい」と話しています。

【県内の主な政党の反応】
自民党の菅総裁が第99代の総理大臣に選出されたことについて、県内の主な政党の反応です。
自民党滋賀県連幹事長の川島隆二県議は、「新型コロナで過去に経験のない歴史的な事態に直面する中で、感染対策と経済活動の両立を掲げる菅総理に多くの国民が期待を寄せている。コロナ危機で地域経済を支えるあらゆる業界が大打撃を受け、一刻の猶予も許されない。地方議員も経験している菅総理を先頭とする新内閣は、あらゆる政策を総動員して新型コロナとの戦いに打ち勝ち、地方創生につなげてほしい」とコメントしています。
立憲民主党の旧滋賀県連で幹事長を務めていた江畑弥八郎県議は、「選ばれたからには国民のために全力を尽くして欲しいが、菅氏は国家像についてまず自分でやってみるという『自助』を中心に話をしていて、頑張ろうとしても頑張れない人たちを助け合える社会を目指すわれわれとは立ち位置が異なる。いつあるかわからない解散総選挙に備え体制を作っていきたい」とコメントしています。
公明党滋賀県本部の中村才次郎代表は、「国難とも呼べる新型コロナウイルスへの対応の中で、菅総理は安倍政権を継承し、安定した政治を行えると考えている。公明党として県民の声を国会にも届け、コロナ対策だけでなく災害からの復旧支援などにも期待していきたい」とコメントしています。
共産党滋賀県委員会の坪田五久男書記長は、「菅氏は、安倍政権の継承という立場で自己責任を強調していて、総理大臣が代わっても政治の中身は変わらず新しい政治は切り開かれないと考えている。市民と野党の共闘を発展させて選挙で勝って新しい政治を作っていきたい」とコメントしています。
国民民主党の旧滋賀県連で幹事長を務めていた今江政彦県議は、「菅内閣は、安倍内閣を継承する布陣で新鮮味は感じられない。新型コロナの対策も含めて菅総理がどういうリーダーシップを発揮しようとしているのかが見えないが、野党としてしっかりと対峙し選挙に向けた体制を整備していきたい」とコメントしています。