西原町でアパート火災 全焼した部屋で1人死亡

23日未明、沖縄県西原町にあるアパートで火事があり、全焼した部屋の焼け跡から1人が遺体で見つかりました。
警察は身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べています。

23日午前0時半ごろ、沖縄県西原町兼久の平屋建てのアパートで火事が起きていると、警察や消防に通報がありました。

警察によりますと、消防の消火活動によって火はおよそ2時間後に消し止められましたが、全焼した部屋の焼け跡から1人が遺体で見つかりました。

この部屋には50代の男性が1人で住んでいて火事のあと、連絡が取れなくなっているということです。

アパートは4部屋あり、連絡が取れなくなっている男性を含めて2世帯が入居しているということですが、ほかにけが人はいませんでした。

警察は遺体の身元の確認を進めるとともに火事の詳しい状況や原因を調べています。