国頭村の草地に米軍ヘリコプター着陸 けが人なし

18日午後、国頭村の草地にアメリカ軍のヘリコプターが着陸しました。
防衛省関係者によりますとその後、ヘリコプターは離陸し、普天間基地に着陸したということで沖縄防衛局が詳しい状況を確認しています。
警察によりますと、18日午後3時50分すぎ、国頭村の辺戸岬近くの草地に「アメリカ軍のヘリコプターらしきものが着陸した」という通報が現場近くにいた人から入りました。
警察官や国頭村の職員などが駆けつけたところ、すでにヘリコプターは飛び立っていて、けが人はいませんでした。
防衛省関係者によりますと、着陸したのは、海兵隊のCH53ヘリコプターで、18日午後2時45分ごろに着陸しその後、離陸して午後4時半ごろに普天間基地に着陸したということです。
海兵隊は日本側に対し「予防着陸だ」と説明しているということです。
また、着陸した草地には、黒く変色している部分があったということです。
沖縄防衛局がアメリカ軍に問い合わせるなどして詳しい状況を確認しています。
また、防衛省関係者によりますと、アメリカ軍の同型のヘリコプター3機が18日午後、鹿児島県の与論島の与論空港に着陸したということです。