中国爆撃機2機 沖縄本島と宮古島の間を往復 領空侵犯なし

中国軍の爆撃機2機が18日、沖縄本島と宮古島の間を通過したのが確認されました。
防衛省・自衛隊によりますと領空侵犯はなかったということですが、飛行の目的を分析しています。

防衛省・自衛隊によりますと18日午前、中国軍のH6爆撃機2機が沖縄本島と宮古島の間を通過し、東シナ海から太平洋方面に向かって飛行しました。

2機は太平洋の飛行を続けたあと、Uターンして東シナ海方面に戻り、この間、自衛隊機がスクランブル=緊急発進して警戒監視にあたりましたが、領空侵犯はありませんでした。

中国軍の機体が沖縄本島と宮古島の間を通過したのは、ことし2月にY9情報収集機1機が飛行して以来だということで、防衛省・自衛隊は飛行の目的を分析しています。