埋め立てへ土砂運搬船 辺野古に

沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設工事で、防衛省は、埋め立てに使う土砂を積んだ船を、7日朝、工事が行われている辺野古の現場海域に入れました。
これによって、土砂の投入に向けた準備は最終盤を迎え、国と移設に反対する沖縄県との対立はいっそう激しくなることが予想されます。

普天間基地の名護市辺野古への移設工事をめぐり、政府は、来週14日にも埋め立て予定地への土砂の投入を開始する方針で、防衛省は土砂を船に積み込む作業を名護市安和にある民間の桟橋で続けてきました。

そして、土砂を積んだ船など5隻を7日朝までに、沖縄本島の西側にある民間の桟橋から島の東側の辺野古沖に移動させ、午前8時半ごろ、工事が行われている現場海域に入れました。

5隻は、立ち入り禁止区域を示す「フロート」の一部が開かれると、1隻ずつゆっくりと入っていきました。

防衛省では5隻を現場海域に停泊させるなどし、14日にも土砂を陸地に移して埋め立て予定地に投入する予定で、準備作業は最終盤を迎えたことになります。

一方、移設に反対する沖縄県は作業を停止するよう求めていて、国と沖縄県との対立はいっそう激しくなることが予想されます。