マルタ・アルゲリッチさん 大分県の音楽祭で3年ぶり演奏披露

世界的なピアニストマルタ・アルゲリッチさんが、22日夜、、自身が総監督を務める大分県の音楽祭で3年ぶりに演奏を披露し、詰めかけた観客を魅了しました。

アルゼンチン出身のピアニストマルタ・アルゲリッチさんは「別府アルゲリッチ音楽祭」の総監督を務めています。

音楽祭は、おととし、去年と新型コロナウイルスの影響で中止になりましたが、ことしは3年ぶりに開かれています。

アルゲリッチさんも音楽祭にあわせて来日し、22日夜は、別府市で開かれたコンサートで、バッハの「パルティータ」を独奏しました。

演奏が終わると会場は拍手に包まれ、感染防止のため歓声をあげることはできない中、イタリア語で称賛を意味する「Brava!」と書かれた紙を掲げる観客もいました。

神奈川県から訪れた50代の女性は「待ちに待ったコンサートでアルゲリッチさんの演奏を聴くことができて感無量です」と話していました。