長岡の2人死亡 福島で井戸転落

15日朝早く、福島県金山町で、天然の炭酸水をくむことができる観光地の井戸に長岡市の男女2人が転落し、死亡しました。

15日午前5時すぎ、金山町大塩にある井戸に2人が転落したという通報が消防に入りました。
転落したのは、長岡市吹谷の諸橋勲さん(77)と、仲小町の伊佐るり子さん(49)で、消防が救助して病院に搬送しましたが、死亡しました。
警察によりますと、2人は親戚で、ほかの3人の親戚とともに現場を訪れていたということです。
車の中で待っていた3人が、諸橋さんと伊佐さんが戻ってこないため様子を見に行ったところ、転落していたということです。
現場の井戸は、自由に天然の炭酸水をくむことができる井戸として、多くの人が訪れる観光地です。
町有地にあり、地元の住民たちで作る団体が管理しています。
柵などは設けられていませんが、転落防止のため、井戸の上に板や網をかぶせるなどの対策を取っていたということです。
警察は2人が誤って落ちたとみて、転落した状況などを捜査しています。
また、金山町は事故防止の対策などについて検討するとしています。