バイクの高校生車にはねられ死亡

10日夕方、南魚沼市の県道の交差点で、市内の高校2年の男子生徒が運転するバイクが乗用車にはねられ、男子生徒は頭などを強く打って死亡しました。

10日午後5時50分ごろ、南魚沼市九日町の県道の交差点で、市内に住む高校2年の男子生徒が運転するバイクが、左から来た市内に住む24歳の会社員の男性が運転する乗用車にはねられました。
男子生徒は病院に運ばれましたが、頭などを強く打っていて、およそ5時間後の10日夜11時すぎに死亡しました。
会社員の男性は足に軽いけがをしました。
警察によりますと、現場は南魚沼市北部の信号機のある十字路の交差点で、バイク側が赤の点滅で、乗用車側が黄色の点滅だったということです。
警察は男性から詳しい話を聞くなどして事故の原因を調べています。