信州伝統野菜「ねずみ大根」など中学生が給食で味わう 坂城町

坂城町の中学生が「信州の伝統野菜」に認定されている、「ねずみ大根」や「小森茄子」を使った給食を味わい、地域の食文化への理解を深めました。

「信州の伝統野菜」を給食に取り入れている坂城町の小中学校では、14日、坂城町の「ねずみ大根」を使ったあえ物やみそ汁、それに長野市篠ノ井の「小森茄子」を使って豚肉と甘辛く仕上げたメニューが登場しました。
このうち坂城中学校では、給食の時間に学習会が開かれ、「小森茄子」の苗を育てている長野市篠ノ井の更級農業高校の生徒たちが招かれました。
このなかで更級農業高校の生徒は生産農家が1軒に減っている小森茄子の生産を増やしたいと学校の農場で苗を育て配布していることを説明しました。
また、坂城中学校の生徒は、根の形がねずみの尻尾に似ていることから、ねずみ大根と名付けられたことを紹介しました。
このあと、一緒に給食を食べて互いの地域が誇る伝統野菜を味わっていました。
坂城中学校の生徒は、「ねずみ大根はシャキシャキしていて、小森茄子はやわらかい。おいしく食べることで、伝統野菜を守っていきたい」と話していました。
更級農業高校の生徒は、「私たちが苗を育てた伝統野菜を給食の食材に使ってもらってうれしい。生産者が増えていってほしい」と話していました。