針ノ木岳で遺体 行方不明で捜索中の長野市の男性か

27日午後、北アルプスの針ノ木岳で男性の遺体が見つかり、警察は、26日針ノ木岳に登って行方が分からなくなっている長野市の男性とみて身元の確認を進めています。

27日午後0時半すぎ、北アルプスの針ノ木岳の標高およそ2600メートルの斜面で、男性の遺体を警察の救助隊員が見つけました。
発見した救助隊員は26日から行方が分からなくなっている長野市の73歳の男性を捜索していたところで、この男性は日帰りの予定で26日、針ノ木岳に1人で登っていたということです。
警察によりますと遺体は、身長は1メートル70センチくらい、黄色のジャンパーや黒色のズボンを身につけ身体的特徴から70代とみられるということです。
警察は身体的特徴などから、遺体は行方が分からなくなっている長野市の男性とみて身元の確認を進めています。