軽米町で夫の遺体を自宅に放置したとして逮捕の妻 不起訴処分

軽米町で先月、夫の遺体を自宅に放置したとして逮捕された59歳の妻について、盛岡地方検察庁は16日付けで不起訴処分としました。

不起訴処分となったのは、軽米町の59歳の女性です。

女性は先月上旬から17日にかけて、67歳の夫の遺体を自宅の寝室に放置したとして警察に逮捕されました。

盛岡地方検察庁は16日付けでこの女性を不起訴処分としました。

検察は不起訴の理由について「事件の内容や事件後の状況等を考慮した」などとしています。