延岡市 五ヶ瀬川の干支大橋でトラック火災 けが人なし

30日夕方、延岡市北方町の五ヶ瀬川にかかる国道の橋でトラックが燃える火事がありました。
けが人はいないということです。

30日午後4時半前、延岡市北方町の干支大橋の上で「車が燃えている」と通行人から通報がありました。

警察によりますと燃えていたのは4トントラックで、消防車3台が駆けつけて消火に当たった結果、火はおよそ50分後にほぼ消し止められました。

トラックを運転していた人にけがはなく、火事に巻き込まれた車もありませんでした。

警察と消防が火事の詳しい原因を調べています。

干支大橋は国道218号線が五ヶ瀬川を渡る場所にかけられたアーチ橋で、全長385メートル、高さが100メートルあります。

この火事で218号線は、橋を挟んだ区間が一時通行止めとなりました。