しめ縄・正月飾り作り 最盛期 茨城 常陸太田市

お正月を前に、茨城県常陸太田市では、しめ縄や正月飾りを作る作業が最盛期を迎えています。

常陸太田市にある「高齢者生産活動センターさとみ」では、お正月にあわせて全国各地の神社や企業などから注文を受けて、毎年この時期、しめ縄や正月飾りを作る作業を行っています。
今月上旬には地域に住む60代から80代の人たち10人が集まって、しめ縄作りが行われ、わらを少しずつ加えながらよりあわせていき、最後には余分なわらを切って形を整えて仕上げていました。
また、正月飾りを作る作業では、編み上げたしめ縄にたいや紅白の扇など縁起のよい10種類ほどの飾りを一つずつ丁寧に接着剤を使って固定していました。
センターによりますと毎年少しずつ注文が増えて、ことしはおよそ3500件が入っているということです。
高齢者生産活動センターさとみの小室忠久理事長は「皆さんが明るい気持ちで新年を迎えられるように頑張っていきたい」と話していました。
しめ縄と正月飾りを作る作業は来月下旬まで続けられます。