常陸太田市 災害時に支援必要な人の避難で自動車保険加入へ

災害時にお年寄りや障害がある人など自力で避難するのが難しい人を地域の住民がどう支援するかが課題になっていますが、茨城県常陸太田市は、支援が必要な人を住民が車で避難所に送る際の事故に備えた専用の自動車保険に加入することにしました。

お年寄りや障害がある人など自力で避難するのが難しい人については、一人ひとりの避難を支援する計画の作成が自治体に求められています。
4年前の台風19号で浸水の大きな被害を受けた常陸太田市では、被災を教訓に1000人余りを対象に計画の作成を進めるとともに、避難訓練を行うなど備えを進めています。
その計画では、近所や親戚などおよそ1200人の住民が、支援が必要な人を自動車に乗せて避難所まで送ることが想定されていますが、送っている最中に事故を起こした場合、運転していた住民が処理費用を負担しなければなりません。
このため、常陸太田市は保険会社と連携し、来年度から災害時の送迎の事故に備えた新たな専用の自動車保険に市が加入し、保険料を負担することにしました。
費用負担は1台あたり800円から1800円程度になると見込まれていて、1年を通して避難に至る災害が起きなかった場合は保険料は市に返還されるということです。
市では、こうした取り組みは全国の自治体でも珍しいとして、「住民に安心して避難の支援にあたってほしい」としています。
市では、避難の支援に必要な車の台数などを今後集計したうえで費用を来年度予算に盛り込む方針です。