茨城 筑西市 プレミアム率400%の商品券の販売開始

茨城県筑西市では物価高騰への支援として400%という全国でも珍しいプレミアムをつけた商品券の販売が2日から始まりました。

この商品券は筑西市民を対象に1セット5000円分が1000円で2日から販売され、プレミアム率は400%となっています。
市としては過去最大のプレミアム率になり、内閣府によりますと、100%を超えるこうした商品券は全国でも珍しくなっています。
先月下旬から市内すべてのおよそ4万3200世帯に1セット分の「購入引換券」が郵送され、市内の郵便局や道の駅で4万2000セットが販売されます。
商品券は来年1月末まで市内およそ470か所の飲食店や小売店などで利用でき、取り扱い店はのぼりやポスターが掲示されています。
筑西市商工振興課の大木幹子課長は「市民からは『商品券を購入するのに5000円を出すことが難しい』という声もありより多くの方々が求めやすい価格にした分、破格のプレミアム率となりました。物価高騰に苦しむ市民と地域経済の支援につなげたいです」と話していました。

400%という過去最大のプレミアムがついた商品券の販売に、筑西市中心部の「下館さくら商店街振興組合」でも、期待が高まっています。
商店街振興組合の代表理事でホテルを経営する滝田宗宏さんは、「新しいお客さんが訪れてくれるチャンスなのは間違いないし、商店街では物価高騰でどの店も仕入れ値が高くなり、利益で大きな打撃を受けているので、本当にありがたいです。これを生かすイベントや新たなメニューやプランを作ることで、商店街を盛り上げたい」と話していました。