北茨城市役所で大雨関連の相談を一括受け付けの特設窓口開設

今月8日の記録的な大雨で多数の住宅が浸水被害を受けた茨城県北茨城市は被災した住民の生活再建に向けて大雨関連の相談を一括で受け付ける特設窓口を19日開設しました。

今回の記録的な大雨で北茨城市では18日午後5時現在で、床上浸水が284棟、床下浸水が246棟と、530棟の住宅が浸水被害を受けました。
こうした中、市では速やかな生活再建につなげようと今回の大雨関連の相談を一括で受け付ける特設窓口を19日、市役所1階のロビーに開設しました。
窓口では、19日から始める「り災証明書」の発行や住宅の半壊・床上浸水の場合は5万円、床下浸水の場合は3000円を支給する災害見舞金の受け付けも行います。
このほか、災害ごみの取り扱いや住宅の応急修理、災害ボランティアなど全ての相談を受け付け、必要に応じて担当課につなげます。
19日午前、窓口には敷地内に流れ込んだ土砂の撤去やり災証明書の発行手続きなどについて相談に訪れる人が相次いでいました。
北茨城市市民課の遠山香子係長は「市民のみなさんの生活再建のためにもそれぞれのニーズに応えてしっかりと対応していきたい」と話していました。
北茨城市のり災証明書は、準備が整い次第、市が対象の住民に連絡することになっています。
特設窓口はこれから1週間は23日と24日の土日も含む毎日、午前9時から午後4時まで相談を受け付けているということです。